大阪府知事や大阪市長を務めた弁護士の橋下徹氏は、26日までにX(旧ツイッター)を更新。岸田文雄首相が26日の衆院予算委員会で国民に納税を呼びかける場面があったことを受けて、岸田首相の発言を報じたニュースを引用しながら「まずは国会議員が非課税のお金の使い道を改めなさい」と、たしなめるように投稿した。

続けて「すぐに政策活動費、旧文通費、立法事務費の領収書を公開し、飲み食い、贈答品も国民レベルに落としなさい」ともポストした。

昨年末から浮上した自民党派閥の政治資金裏金疑惑で「政治とカネ」をめぐっては、国民からの非難が相次いでいる。橋下氏も「領収書をきちんと示せ」などと繰り返し指摘している。

岸田首相は衆院予算委で国民の不信を招いていることを陳謝した上で、「税は社会を支える公的なサービスを皆で分かち合うもの」などとし、納税への理解を求めていた。

フォロワーからは「お手本を見せて」「これほどまでに言動がいちいち国民感情を逆撫でする首相は初めてじゃないかな。自分で考えてるとも思えないしブレーンが間抜けすぎるというのも考えにくい」などのコメントも寄せられていた。