政治ジャーナリストの伊藤惇夫氏が28日、TBS系「ひるおび」(月~金曜午前10時25分)に出演。岸田文雄首相が党総裁としての説明責任を果たしたいとして、報道機関に公開する形で衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を示したことに「散々答弁している。それ以上の話は出てこない」と、無意味であることを強調した。

フリーキャスターの伊藤聡子氏も「対応が後手後手。国民が拒否反応を示す。岸田さんが出て何を話すかより、国民は裏金がどう使われたのか説明してほしいと思っているし、皆さんに出ていただきますとリーダーシップを取らないと。満足いく回答はあまり期待できない」と断じた。

八代英輝弁護士は「リーダーシップとか気概が感じられない。岸田さんの今までの対応がおかしかった。その『そうじゃないでしょシリーズ』の一環に見えてしまう。総裁のリーダーシップってそんなもんですか。これで幕引きに全くならない」とした。