藤井聡太名人(竜王・王位・叡王・王座・棋王・王将・棋聖=21)への挑戦権を争う、将棋の第82期A級順位戦最終9回戦一斉対局が29日、静岡市「浮月楼」で開催される。その前夜祭が28日、同所で行われた。

9回戦の組み合わせは渡辺明九段(39、4勝4敗)対広瀬章人九段(37、3勝5敗)、菅井竜也八段(31、5勝3敗)対豊島将之九段(33、6勝2敗)、永瀬拓矢九段(31、5勝3敗)対中村太地八段(35、4勝4敗)、斎藤慎太郎八段(30、3勝5敗)対佐々木勇気八段(29、3勝5敗)、稲葉陽八段(35、3勝5敗)対佐藤天彦九段(36、4勝4敗、いずれも上が先手)。

挑戦権争いに絡んでいる菅井は、永瀬と並んで2位につけている。豊島との直接対決で勝てば、プレーオフに持ち込める。今年1~2月には王将戦7番勝負で初めて挑戦したが、藤井王将に4連敗した。気持ちを切り替え、今局は中飛車に命運を託して名人初挑戦を目指す。

単独トップの豊島は、勝てばスンナリ挑戦権を獲得できる。2019年度の第77期で初めて挑戦者となり、佐藤天からタイトルを奪取した。翌年度、渡辺に奪われた。今期は6連勝の後、2連敗。勝って決めたい。

この両者、18年の第59期王位戦7番勝負で対戦し、豊島が4勝3敗で菅井からタイトルを奪っている。今回はどうなるか。

持ち時間は各6時間。昼食休憩、夕食休憩を挟み、29日夜遅くに決着の見込み。