藤井聡太名人(竜王・王位・叡王・王座・棋王・王将・棋聖=21)が29日、将棋の第82期A級順位戦最終9回戦一斉対局(静岡市「浮月楼」)の大盤解説会に登場した。対局場とは別の静岡市内の解説会場で、午後3時から最初の出番が回ってきた。藤井と同じ愛知県出身の聞き手、脇田菜々子女流初段(26)に進行で、菅井竜也八段(31)対豊島将之九段(33)の解説の後、永瀬拓矢九段(31)対中村太地八段(35)戦も解説した。

先手の永瀬が角換わりという本命の作戦からの出だしに対し、「中村八段はA級で工夫された序盤の指し方をされている。用意の作戦をぶつけてきたと思います」と語った。序盤、中村の3筋に跳ねた桂に対し、その頭を攻める永瀬と、守る中村という図式だ。

「お互いに隙を探るようなしょうぎになっている気がします。永瀬九段の構想に注目したいと思います」と締めた。

降級がかかる斎藤慎太郎八段(30)対佐々木勇気八段(29)戦は、パッと見た瞬間に「かなりきわどい終盤戦です。両者の持ち時間を合わせてまだ8時間あるので、詰む詰まないを考えるのが結構大変です」とした。

A級順位戦の終局は通常、午前0時を回ることが多い。「対局中に眠くなることはなくて、指している時は気にならないのですが、帰るときに時計を見て(こんな時間なのかと)がくぜんとします。本当に大変な戦いだと思います」と、指し手の合間に苦労話もしていた。