立憲民主党の野田佳彦元首相は29日、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件をめぐり国会内で開かれた衆院政治倫理審査会(政倫審)で、岸田文雄首相が28日に発言した「志(こころざし)」をめぐる内容に、「間違っている」とダメ出しした。

首相は28日、政倫審への全面公開での出席を電撃発表。その際、当初全面公開に応じなかったとされる安倍派、二階派の幹部5人に向けて「政治の信頼回復に向けてぜひ、志のある議員には政倫審やあらゆる場で説明責任を果たしてほしい」と呼びかけた。

野田氏はこの発言について「志というのは、世のため、人のために尽くそうというもの。裏金をつくって脱税している人たちに、志を求めるのは間違っている」と、裏金事件をまじえながら批判した。

野田氏はまた、首相の政倫審出席に「強烈な違和感があります。悲しい気持ちになります」とも指摘。首相が28日に「与野党の駆け引き」で政倫審が開かれない状況になっているとの認識を示したことに「自民党内の身内同士の駆け引きがあって、調整が大変になって開催、公開するかをめぐって迷走したからこんな状態になったんじゃないですか。自民党のガバナンスの問題だ」と指摘した。「働き掛けるにしても、直接働き掛ければ、ご本人の意思を尊重しながらの対応もあったと思う。そういう意味での指導力不足はあったと思う。だって前の官房長官(松野博一氏)もいらっしゃるでしょ。そういう関係でこの事態を招いていることはおかしいと指摘せざるを得ない」と、かつての官房長官だった松野氏ですら動かせなかった首相の対応に疑問を投げかけた。

野田氏は、首相が自身の全面公開の形での出席を発表して5人に促さなければ、5人の出席が実現しなかったことを念頭に「働きかけをしたのか指示をしたのか、分かりませんが、1日開催がずれましたよね、結局後手に回って的外れな対応をしないといけない事態になったのは総理の指導力の問題だと思う」と、繰り返し首相の対応に疑問を投げかけた。

岸田首相は「自民党総裁として出席することで説明責任を果たす。そのことで少しでも国民の皆さんの政治への厳しい目に、政治の立場から答える努力をしないといけないという思いで(出席を)決意した」と釈明した。