藤井聡太名人(竜王・王位・叡王・王座・棋王・王将・棋聖=21)が29日、将棋の第82期A級順位戦最終9回戦一斉対局(静岡市「浮月楼」)の大盤解説会に登場した。

対局場とは別の静岡市内の解説会場で、午後3時から45分間の最初の出番に次いで、午後5時から再登板した。

菅井竜也八段(31)対豊島将之九段(33)は、先手で中飛車とした、振り飛車党の菅井がうまく駒をさばき始めた。「私が振り飛車をもって指せと言われても自信がないです」と舞台上で話し、笑いを誘った。続く斎藤慎太郎八段(30)対佐々木勇気八段(29)戦については、「これが1番激しい将棋」と盤面を見つめた。「対局者だと1時間ぐらい考えたいところ。解説者だと難しい」と苦労している様子だった。対局者が、自分の予想していた指し手を指すと「当たると結構うれしいですね」とつぶやいた。

渡辺明九段(39)対広瀬章人九段(37)戦は、「後手(広瀬九段)が調子よく攻めているという印象があります」。永瀬拓矢九段(31)対中村太地八段(35)戦は、「先手(永瀬九段)の攻めが細い気がします。攻めを急所にヒットさせないと、容易ではない展開になっている気がします」。

稲葉陽八段(35)対佐藤天彦九段(36)戦は、後手佐藤の三間飛車から相穴熊。午後5時30分の段階で67手という進行だったが、「あと100手かかっても驚かない展開です。どこから戦端が開かれるか、予想できない。3筋でどちらがポイントを挙げるかで形勢が傾く勝負どころです」とそれぞれ分析していた。

A級順位戦は持ち時間各6時間の長丁場。「すべて急所の局面を迎えているので、1手1手が重い」との印象も藤井名人は語っていた。