「青汁王子」こと実業家三崎優太氏が5日までに、X(旧ツイッター)を更新。能登半島地震を受けた、政府の支援状況についてコメントした。

三崎氏は「能登半島地震で被災地の避難所スペースに差があって、国際基準にも届かないレベルだって」とつづり、「海外からは『難民キャンプより酷い』と批判されてるらしい」と記述。「国内をほったらかして海外にお金をばらまいてる場合じゃなくて、もっと国内の復興に金を使うべきだろ」と訴えた。

この投稿にユーザーからは「その通りですね。国際支援も必要でしょうが、今じゃない感じがします」「長引いてますよね。もっと政府には真剣に向き合って貰いたい」「国民が苦しんでいるのに、自分たちは国会でヘラヘラ。どうしようもない」などの声が上がった。