元テレビ朝日社員の玉川徹氏は3日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜午前8時)に出演し、県庁新入職員への訓示の際、職業差別と受け取れる発言をした静岡県の川勝平太知事が2日に突然、辞意を表明した問題に言及した。

川勝氏は1日の訓示の際に「県庁は別の言葉で言うとシンクタンク。毎日毎日野菜を売ったり、牛の世話をしたり、ものをつくったり、とかいうことと違って、基本的にみなさま方は頭脳、知性の高い方たち。それを磨く必要がある」などと発言。これに批判が相次ぎ、2日に報道陣の取材に応じて釈明した際の最後に、川勝氏は唐突に「6月の議会をもってこの職を辞そうと思う」と述べてそのまま立ち去った。理由にも触れなかったことから反発した報道陣の怒号が飛ぶなど、取材の場が混乱する結果となった。

玉川氏は「文章ではなくしゃべり言葉(を口にする場合)では、練ってしゃべっていない感じでこういう風なことが出る場面もあるが、政治家にとっては言葉は命。本人がどういうつもりでしゃべったかにかかわらず、どう伝わるかがすべて」とした上で「今回の発言に差別だと多くの人が感じたのであれば、そう感じた人には謝罪するしかない。いくら誤解だと言っても、そう伝わったことがすべてだ」と指摘した。

「ただ、誤解といっても、ぽろっと出てしまう部分にどうしても、その人が持っている本音の部分が出てしまう。どうしても」とも述べ、番組MCのフリーアナウンサー羽鳥慎一が「思っていなければ(そういう言葉は)出ないでしょ、と」と合いの手を入れると「そういうことなんです」と応じた。

「我々は、言葉で生きているから、相手が言ったことと、本音ではどう思っているかはどうしても伝わっちゃう。政治家は権力を持っている。政治家になるに当たっては、言葉でもって選ばれてきている。その重みは一般の人とは違うものがある」とも口にした。