「2ちゃんねる」開設者で元管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏(47)が3日、X(旧ツイッター)を更新。「何はともあれ、高齢の政治家が自決を評価することにしているおいらです」とつづった。

静岡県の川勝平太知事が2日、6月議会を持って辞職する意思を表明した。1日に同県の新規採用職員に対する訓示で、職業差別とも受け取られかねない発言をして抗議が相次いだ件を受けた意向とみられる。

国政では、自民党派閥の政治資金裏金疑惑が取り沙汰されていた二階俊博元幹事長が次期衆院選への不出馬を表明している。

ひろゆき氏は「勇退が社会的に評価されるほうは、自分から引退する高齢の政治家や経営者は増えると思います」と私見を述べた。

フォロワーからは「もっと早く辞めてればこんなこと言われずに済んだだろうにね」「辞職するまでは油断なく。何か企ててそうで」「当事者の『静岡県民』はどう思うのか?」などの意見が出ていた。