☆レッドヴェイロン(土曜東京11R・欅S5着)

ダート転向3戦目。大外から上がり34秒8で鋭く伸びたが、いかんせん流れが遅すぎた。逃げたロードアクアの前半1000メートルは60秒0。オープンの1400メートルとしては「超」のつくスローペース。レースの上がりが34秒8では掲示板に載るのがいっぱい。それでも最後まで集中力を切らさなかったのは収穫だ。7歳馬だが衰えはなく、砂適性もかなり高い。展開に左右される面はあるが、相手関係、流れなどかみ合えば重賞でも十分やれる。


☆キラーアビリティ(日曜東京11R・ダービー6着)

外枠から折り合い重視の競馬をした。向正面では後方4番手。少し行きたがる面は見せたが、何とか我慢できていた。直線は大外からジリジリと伸びてドウデュースとは1秒差。皐月賞の時に比べると、レースぶりは進歩した。2000メートルでも折り合いの難しい馬。2400メートルは長い。これから距離選択など考えることは多いが、ポテンシャルは高い。マイルから中距離でスムーズな競馬ができれば、G1でもヒケは取らない。


☆レッドベルオーブ(日曜中京10R・安土城S6着)

今回もスタートが悪かった。その後も頭を上げて折り合いを欠き、鮫島駿騎手が必至になだめても、収まりはつかず。直線は前半のロスが響いて、伸び切れなかった。リステッド競走で掲示板を外すような馬ではないが、精神的にもう少し成長しないと競馬にならない。このあたりが今後の課題か。現状は1200メートルの速い流れが合っているかもしれない。ちぐはぐな競馬でも、勝ったエントシャイデンとは0秒7差。落ち着いて走れるようになれば巻き返せる。