☆ルカン(土曜阪神11R・チューリップ賞5着)

未勝利馬でまったく人気はなかったが、かなりの能力を秘めている。道中は2番手につけたがペースが上がった直線入口でもたついた。3着のペリファーニアに外からかぶされた時点で終わったと思ったが、そこから外へ切り替えてもう1度加速。ゴール前で進路が狭くならなければ3着はあったという内容だった。410キロ前後と小柄だが勝負根性があり、心肺機能も優れている。未勝利や1勝クラスはもちろん、牝馬同士なら重賞でも勝ち負けできる。


☆ヴェントヴォーチェ(土曜中山11R・オーシャンS1着)

昨年のスプリンターズS以来だったが、仕上がりは良かった。前半3ハロン33秒4の流れに余裕でついていき、4コーナー手前から外めを進出。直線で一気に抜け出すと、最後まで止まらず2着ディヴィナシオンに2馬身差をつけた。勝ち時計の1分7秒4、上がり33秒3も優秀。もともとセンスのいい馬だが、どんな流れにも対応できる操縦性の良さがあり、短距離馬として完成されてきた印象だ。昨秋は力負けしたG1も、今回の内容なら手の届くところにある。


☆ワンダイレクト(日曜中山11R・弥生賞3着)

スタートはあまり良くなかったが、道中は勝ったタスティエーラをマークする形。4コーナー手前から先行集団に取り付く脚も速かった。直線坂下では突き抜けるかと思ったが、ゴール前は手応えほど伸びず。トップナイフに差し返されての3着は物足りない。前走もゴール前が甘くなったように2000メートルは少し長いのかもしれない。理想は1600~1800メートルか。仕掛けた時の反応、一瞬の脚には優れたものがあり、レース条件が合えば重賞を勝てる。