☆サヴォーナ(日曜京都11R・菊花賞5着)

スタートの1歩目が遅くて行き脚がつかず、後方に下げざるを得なかった。向正面で流れが落ち着くと馬群の外からまくり気味に進出。坂の下りでは3番手まで押し上げた。直線は馬場の真ん中に出して追いだしたが、最後まで右手前のまま替わらず。その分ジリジリとしか伸びなかった。左手前にスイッチできていたら、2着タスティエーラと際どい勝負になっていただろう。馬体重は8キロ増の536キロ。春とは別馬のようなたくましさだが、まだまだ伸びしろがあり、来年はもっと良くなる。


☆アームブランシュ(土曜新潟9R・岩船特別1着)

スタートが決まったのが大きかった。道中は折り合いに専念して中団やや後ろの位置。3コーナー過ぎから徐々に進出。直線は2着ホウオウスーペリアを目標に追いだし、残り150メートルでかわすと1馬身4分の3差をつけた。これまで弥生賞4着、青葉賞5着など重賞でも好走してきたように、1勝クラスではやはり力が違った。まだ幼い面があり、成長すれば2勝クラスはもちろん、一気にオープンまで駆け上がってもおかしくない。


☆エターナルタイム(土曜東京11R・富士S6着)

初重賞挑戦だが臆することなく4番手。正攻法の競馬を挑んだ。4コーナーでの手応えも良く、一瞬は抜け出すかとも思ったが、最後の1ハロンで伸びを欠いた。結果的に前半1000メートル56秒7の速いペースについていったのが影響したのかもしれない。下級条件や1400メートルなら、この競馬でも最後まで走り切れるが、G1級メンバーのマイル戦では厳しかった。それでもわずか0秒8差。大きくは負けておらず能力は示した。この経験が次に生きる。