今回の「コンピ×騎手ここだけの話」は


・土曜競馬の振り返り

・コンピ×騎手でみる日曜の競馬

・無料公開レース(日曜中山11R)予想


この3点についてお話ししたいと思います。



◆土曜競馬の振り返り

・中山

コンピ×騎手判定馬:5勝

土曜の中山はルメール騎手が不在で、まだ判定がつきにくいマーカンド騎手が中心の一日でした。そういった背景もあって、5勝止まりだったのだと思います。横山武騎手は2勝を挙げたものの、戸崎騎手は未勝利。やや不調といった印象を受けました。マーカンド騎手はゆったり運ぶレースよりも、短距離やダートといったタイトな競馬のほうが好きなのでしょうか。引き続き分析したいと思います。



・阪神

コンピ×騎手判定馬:11勝

阪神は11勝の大勝でしたね。3Rで取りこぼしたものの、そのほかのレースでは6番人気や7番人気での勝利にも判定がありました。馬連でも8レース的中と結果を残しましたね。複数勝利は平場の田口騎手のみ。有力馬が分散していると昨日のコラムで触れた通りの結果だったのではないでしょうか。それでも判定がしっかり作用していた点は評価したいですね。


・中京

コンピ×騎手判定馬:2勝

中京はドイル騎手、ムルザバエフ騎手、団野騎手が2勝ずつを挙げました。10Rを除くと、ほとんどがコンピ指数上位の結果だったんですよね。馬質に恵まれた騎手が順当に勝った。そんな一日だったと思います。土曜は唯一の重賞開催場でしたし、各陣営もそれに合わせて仕上げてきていたのでしょう。



◆コンピ×騎手でみる日曜の競馬

・中山

中山メインはカペラSです。G1の裏ではありますが、戸崎騎手や三浦騎手あたりが東に残りました。西からは幸騎手、岩田康騎手、藤岡佑騎手、亀田騎手が遠征となっています。

馬質を見ると戸崎騎手が最上位となりそうですが、土曜の不調が気になるところ。ここは思い切って評価を下げてもいいかもしれません。全体的に有力馬の偏りは見られませんので、コンピ×騎手を頼りに狙っていくといいでしょう。土曜の中京の結果を参考にするなら、コンピ指数上位で手堅くいくものいいですね。


注目騎手:レース毎のコンピ×騎手判定を頼りに



・阪神

阪神メインは阪神JFになります。香港遠征のなかった上位騎手が集結しました。東からは大野騎手、松岡騎手、ルメール騎手、北村宏騎手、横山武騎手が参戦です。モリス騎手、ムルザバエフ騎手、マーカンド騎手も日曜は阪神での騎乗になります。

阪神JFにルメール騎手が騎乗するのか不透明だったこともあり、日曜のラインナップはいまひとつ。過剰人気になりそうなので、ここは評価を下げましょう。かといって代わりはというと…見当たりません。平場の田口騎手を引き続き狙うくらいでしょうか。土曜と同様、判定を頼りに狙っていきたいですね。


注目騎手:田口騎手(平場で)、ルメール騎手を過信禁物



・中京

中京はローカル裏開催に戻ります。吉田隼騎手、小沢騎手、ドイル騎手に複数チャンスがありそうですね。内枠は芝ダート問わず激走傾向なので、コンピ×騎手と合わせて意識してみるといいでしょう。


注目騎手:吉田隼騎手、小沢騎手、ドイル騎手


◆無料公開レース(日曜中山11R)予想

 
 

【B同士の高目決着に期待!】

「A相手」以上の判定は不在だが、「B相手」は7頭も揃った。それだけ混戦メンバーであることを示している。展開次第で何度でも結果が変わりそうなメンバーだけに、絞って狙うよりは広く構えて高配当を狙ったほうがいいだろう。中山なら「B相手」でも上位評価していい。高目決着に期待したい。


推奨買い目

馬連BOX (3)(4)(7)(8)(10)(11)(14)(16) 28点