JRAは25日、23年上半期の売得金と入場者を発表した。

平地G1・12競走の売得金は2435億3593万4500円(前年比100・3%)で、最も売れたのはダービーの283億8674万5400円(前年比97・4%)。また、前年比100%超えは宝塚記念(122・9%)、天皇賞・春(105・1%)、オークス(102・4%)、安田記念(100・7%)の4競走だった。