夏の新潟開幕週のメイン・アイビスSD(G3、芝直線1000メートル、30日)の追い切りが26日、東西トレセンで行われた。

初の千直に挑むサトノファビュラス(牝6、宗像)は美浦ポリトラックで鋭い動きを見せた。馬なりで4ハロン51秒9-ラスト11秒7。前走福島テレビオープンは28キロ増の446キロで0秒3差5着に逃げ粘った。宗像師は「中1週なので今朝はサラッと。今回は締まってくると思います。前走はチークピーシズの効果もあったと思う。今回も馬具を工夫する予定です」と話した。