エエヤン(牡3、伊藤大)は美浦ウッドで6ハロン82秒7-11秒3をマークした。道中は鞍上がなだめながらの追走。直線で解き放たれると全身を大きく使ったフットワークでシャープに伸びた。

伊藤大師は「NZTの時はもっと抑えるのに大変だったからね。メリハリが利いて良かったと思う。この馬本来の動き。こういう舞台にこの状態でいけることはそんなにないし、もう1度信じたい」と、ここ2戦掲示板外からの反撃に出る。