天竜川に架かる橋を何気なく車で渡り終え「今の景色すごかったな」と感じ、Uターンで引き返しました。


下の画像はタップすると拡大します

  • 南宮大橋から
南宮大橋から

 南宮大橋というそうです。長野県南部、天竜エリアの泰阜(やすおか)村と阿南町とを結んでいます。調べてみると、かつては中州を挟んで2つの橋が架かっていたそうですが、天竜川の増水災害を防ぐために1995年に竣工されたとのこと。斜張橋という構造や、夜間ライトアップなど橋自体がクローズアップされることが多いようです。


 私は橋そのものよりも、南宮大橋の北側の、この景色に魅了されました。河川敷も中州も、緑こんもり。平地ではなく山の斜面に家々が。あんな崖っぷちの高いところにも民家が連なっているから、細い道路もあるのかな-。きれいな空気ゆえの、緑と青の絶妙なバランス感。天竜エリアは道路も鉄道も川も、谷間のわずかばかりの平地を縫って何度も蛇行してつながる、日本でも稀有な土地です。この景色に「ザ・天竜」を感じました。写真では伝わりづらいですが、ここに立って感じるスケールはなかなかのものです。


もう1枚
もう1枚

 長野県の中心地からも、南隣の浜松・豊橋エリアからもアクセスが決して良くない天竜エリア。全国を代表するような観光地もなく、なかなか足を伸ばしづらい場所ではあります。市販される観光ガイドブックでも天竜エリアのことはほとんど触れられておらず、観光過疎に拍車がかかっていたのが実状です。


 実際に足を運ぶと「旅してる!感」がものすごく強い場所。運転しているだけで、上の写真のような景色が次々に現れます。村の入口に「峰竜太のふるさとです」と大きな看板を掲げる下條村、道の駅のような休憩施設の名前が「ネバーランド」の根羽(ねば)村、村民に村松姓と松村姓が多いらしい林業盛んな売木村…など、狭い林道でつながれた多くの町、村にそれぞれ隠れた魅力があります。


 そして阿智(あち)村は最近「日本一の星空」を売りに、首都圏からの観光客を急速に伸ばしているようです。コンパクトデジカメでは撮影できませんでしたが、確かに本州では屈指の星空のように感じました(沖縄・先島諸島は別格)。阿智の星空は、秘境・天竜の魅力が世に広まるきっかけになるでしょうか。【金子B】


「南宮大橋」へ行くには?

 阿南町と泰阜村を結ぶ橋で、JR飯田線・温田駅の程近く。飯田線は1時間1本程度の運行なので車もオススメ。中央道からつながる三遠南信自動車道・天竜峡ICから南へ25キロほど。道中は狭い道もあるので、予想以上に時間が掛かると思います。


Wonderful View NO.6 "Nangu Bridge"


The southern part of Nagano prefecture seems to be not rich in outstanding scenery. But it has big Tenryu-river, roads with fine view, a meandering train rout alongside the face of the mountain. Nangu bridge is one of the scenic bridges in Nagano. The balance of green and blue, a mountain and the river, is wonderful scenery.


[DATA]

Address: Nukuta, Yasuoka-mura, Nagano-ken

Access: 5 min. walk from Nukuta Station, JR Iida line (an hourly train)

25km from Sanen-nanshin Expressway, Tenryu-kyo IC

Parking: None