体育館のような建物に入り、見下した瞬間、無数の視線を感じる。相手は焼き物の人形なのだが。紀元前3世紀に中国を統一した初の皇帝、秦の始皇帝。万里の長城の建設を始めたことでも有名だが、自分の墓のために作らせた「兵馬俑」を見に2011年、行ってみた。

 西安から車で1時間ほど。バスの駐車場から兵馬俑が収まっている「兵馬俑坑」まで座席数20ぐらいの電気自動車で移動する。ちゃんと並んでいるのに、自動車が来た瞬間にワッと群がるいす取りゲーム。出遅れると、列の一番前にいても後ろから追い越されて次のを待つ羽目になる。何人も整理員がいるのだから、座席数だけ出せばいいものを、と思いながら、いすを確保できずに列に戻ってくるのはたいてい外国人。私も先頭から10番目ぐらいにいたが、1台乗り損ねた。次々に来るので待ち時間はそうかからないが、さすが20億人の中を生き抜く中国人のたくましさは、こんなささいなところにも垣間見られる。

 遺跡の上を建物ですっぽり覆った「兵馬俑博物館」。最初に発見された1号坑に入る。地面を掘り下げたところに、整然と並ぶ焼き物の「俑」。その数、広さにまずはびっくりさせられることは間違いない。息をつめて見つめている自分に気づいて息を吐き出す。初めて目にした瞬間のインパクトは強烈だ。

兵馬俑1号坑。初めて目にした瞬間のインパクトは強烈だ
兵馬俑1号坑。初めて目にした瞬間のインパクトは強烈だ

 兵馬俑坑は1974年、井戸を掘っていた楊志発さんら農民が偶然発見した。「始皇帝陵」の東に位置している。1号坑は幅62メートル、奥行き230メートル。坑道は深さ5メートルほどで11あり、その中に兵士の俑が東を向いて並べられている。「最初に発見されたのはここ」という表示があったが、東の端、先頭の部分で、見つかったのはまさに運、だったようだ。

「最初に発見されたのはここ」だという表示があった
「最初に発見されたのはここ」だという表示があった

 兵士たちの間には馬や戦車の俑が配置されている。一番の右の坑道の兵は右(南)、左の坑道の兵は左(北)を向いている。当時の軍陣の配置をそのまま再現しているという。「まだ5分の1ほどしか発掘されておらず、見えているのは先鋒の軍隊」とガイド。手の部分が丸く空洞になっているのは「槍とか弓など武器を持っていた」という。

兵士たちの間には馬や戦車の俑が配置されている
兵士たちの間には馬や戦車の俑が配置されている
当時の軍陣の配置をそのまま再現している
当時の軍陣の配置をそのまま再現している

 当時の人物をそのまま、俑にしたとされる。高さは最大200センチ、平均180センチ前後(重さ300キロ)というから、だいぶ大きくはつくったのだろう。顔は同じものがないといい、見ていても確かにみな別人で、目つきも違い、髪型、ひげのほか、靴や帯など細部も表現されている。「専門の職人がつくり、いろいろな民族の特徴をあらわしています」(ガイド)とただ数をそろえたのではなく、始皇帝軍の兵士たちをモデルに丁寧につくられたようだ。

当時の人物をそのまま、俑にしたとされる
当時の人物をそのまま、俑にしたとされる
顔は同じものがない
顔は同じものがない

 俑のどこかに小さく名前が刻まれており、製作者だとされる。身分や役割などで当時の服装の色に彩色されており、跡が残っているものもあったことがパネルに表示されていた。「空気に触れると色がなくなるので、まだ発掘せずに色を残す方法が研究されている」という。1号坑をすべて発掘すると6000体ほどがあるらしい。

俑のどこかに小さく名前が刻まれている
俑のどこかに小さく名前が刻まれている
1号坑をすべて発掘すると6000体ほどがあるらしい
1号坑をすべて発掘すると6000体ほどがあるらしい

 2号坑へいく。1号坑の半分ぐらいでこじんまりした感じがする。こちらは1号坑が数で圧倒する歩兵の軍陣なのに対して、弓隊の立射俑、跪射(きしゃ)俑や、騎馬隊、戦車隊など「特殊部隊」の兵馬俑が出土しているという。取り出されないままの俑が無造作に放置され未発掘のところも多い。

2号杭
2号杭
大きさは1号杭の半分ほどだ
大きさは1号杭の半分ほどだ
取り出されないままの俑が放置され、未発掘のところも多い
取り出されないままの俑が放置され、未発掘のところも多い

 発掘された俑の中で、兵士、文官など代表的なものがガラスケースに入って展示されている。跪いて弓を持つ(弓はなくなっているが)跪射俑は一番人気だ。

跪いて弓を持つ跪射俑は一番人気だ
跪いて弓を持つ跪射俑は一番人気だ
弓隊の立射俑
弓隊の立射俑

 3号坑はさらにこじんまりしている。1、2号坑の後ろにあることから、軍を統率する司令部のようなものを表現しているらしい。坑道の兵士は壁を背にして内側を見るように両側に配置されている。始皇帝なり、指揮官が通るところを迎えているか、左右で警護している様子を表しているという。

坑道の兵士は壁を背にして内側を見るように両側に配置されている
坑道の兵士は壁を背にして内側を見るように両側に配置されている
軍を統率する司令部を表現しているらしい
軍を統率する司令部を表現しているらしい

 首のない俑が多く「修復中だと思います」とガイドはいった。始皇帝時代の軍の編成を生き生きと正確に表しているところが、兵馬俑坑のすごさなのだろう。

首のない俑が多く「修復中」だとガイド
首のない俑が多く「修復中」だとガイド

 兵馬俑1号坑には「病院」もあった。壊れて発掘された俑を修理している場所があり、その様子を見ながら通る。松葉杖をついているとしかみえない兵士、包帯のようにビニールで巻かれた兵士、戦場で傷を負ったようで、こっちの方はさらにリアルに感じた。

兵馬俑1号坑には「病院」もあった
兵馬俑1号坑には「病院」もあった
壊れて発掘された俑を修理している場所があった
壊れて発掘された俑を修理している場所があった

 俑が並べられている坑道には、木製の梁を渡した屋根がついており、長い年月の間に上にかぶさった土砂の重みで、かなり弓なりになっており、崩落している部分も多い。そのため「無傷の俑はほとんどない」(ガイド)そう。掘り出され、こわれた俑をここで丁寧に組み立てる。たぶん、修理が終わったものが元の坑道に戻されているのだろう。1号坑に並んでいた兵士はきれいだった。

無傷の俑はほとんどないという
無傷の俑はほとんどないという

 修復された中のもっとも貴重なものは、2台の青銅製の銅車馬だという。兵馬俑坑ではなく、始皇帝陵のすぐ横から発掘された。そのときの写真が飾られていた。

青銅製の銅車馬の写真が飾られていた
青銅製の銅車馬の写真が飾られていた

 組み立てられた銅車馬が提示されている棟に入ると真っ暗。実物の2分の1のスケールだという。2台とも4頭の馬が引いている。1号車は傘が高い車をつなげており、2号車は輿のようになっていて屋根が傘のように広がっている。1号車は夏、2号車は冬の仕様に見えた。御者も1号車は立ち、2号車は座っている。細かい表情、手つきまで再現されている。暗すぎる上にガラスケースに入っているので、フラッシュ撮影できず、写真のできにはご容赦を。

銅車馬は実物の2分の1のスケール
銅車馬は実物の2分の1のスケール
2台とも4頭の馬が引いている
2台とも4頭の馬が引いている

 兵馬俑坑からシャトルバスで20分ほどのところに、始皇帝陵がある。なだらかな稜線の小高い丘という感じ。もともとはピラミッド型をしていたという。兵馬俑の軍隊にはペルシャ系の兵士の顔もあるという。エジプトのピラミッドのことを、始皇帝は知っていたのだろうか。

 始皇帝陵の周りに陪陵(付属する陵)や陪葬墓が点在している。ガイドブックによると、陪陵はたくさんあり、強制的なものも含めておびただしい殉死者や馬を中心とした動物の骨、銅車馬のような青銅製のものを中心に鏡、武器、冠、生活用品など副葬品も多数出ている。

始皇帝陵
始皇帝陵

 始皇帝陵は発掘されていない。「地下に宮殿を造ったといわれています。今の技術ではそのままの状態で掘り出すことができない。もう少し技術が上がってからやると思います」とガイドは説明した。史料などによると、始皇帝陵は黄金や宝石で飾られた建物や、水銀の川などがあり、永久に明かりがともっており、豪華な副葬品があるという。最近の調査では、盗掘はなく、水銀反応もあることから、存在の信憑性が高くなっている。

 秦の始皇帝は紀元前221年に中国を統一。同210年に50歳で死去し、同206年に秦は崩壊した。中国統一前から墓の建設を始め、約70万人を動員し、30余年をかけて紀元前208年に完成した。秘密を守るため生き埋めにされた工人は万を超えたという。

 兵馬俑坑博物館の土産品店で、原寸大の兵馬俑も売っているが、土産には大きすぎる。博物館公認の小さな兵馬俑をお土産に。「いろいろなところで売っていますが、兵馬俑と同じこのあたりの土を使って焼き、台座に『秦俑博物館』とあるのが本物です」とガイド。買いたい人は台座の確認を。

博物館公認の小さな兵馬俑をお土産にした
博物館公認の小さな兵馬俑をお土産にした

 その一角に長蛇の列。ガイドによると、第一発見者の楊志発さんが、観光客の買ったガイドブックにサインをしているという。「前は字が書けなかったけどだいぶうまくなったみたいです。今はボランティアでサインしています」。ただ楊志発さんは何人もいるようなので、ご本人かどうかは分からない。

第一発見者の楊志発さん
第一発見者の楊志発さん