大阪湾の波止が真冬の様相に変わってくると、大チヌ狙いのフカセ釣りが絶好機を迎える。兵庫・武庫川尻の波止・フェニックスへ11日、久保渡船(日刊銀鱗倶楽部加盟店)の船で渡った。午前8時すぎから、かけ下がりに沿って刺し餌をゆっくりと上下してチヌの食いを誘うと、ウキを一気に引き込むアタリをとらえ、正午すぎまでに50センチを筆頭に47、45センチを仕留めた。越冬準備に入った大チヌのずっしりとした引きを楽しんだ。

昔から大阪湾は茅渟(チヌ)の海と言われるほどチヌの魚影がすこぶる濃い。その中でも、特に大型の実績が高い兵庫・武庫川尻にあるフェニックスの波止へ午前8時すぎに渡った。釣り方は動いている餌に好反応を示す、チヌの習性に適した湾チヌ釣法(ウキの浮力を殺して刺し餌をゆっくり落とす釣り方)。5Bと仁丹オモリ8~5号でウキの浮力を調整しながら釣っていく。まずはタナとりオモリで波止際の底にウキ下を設定。餌はオキアミとコーンを刺したもの。

ポイントは竿2本沖のかけ下がり。仕掛けがなじみ、ウキが沈みだすとラインを張り気味にしてゆっくり刺し餌を落とし、ウキが見えなくなったら、ゆっくりと引き上げる。これを繰り返すと、まき餌が効きだした同9時すぎ、ウキがスパーッと引き込まれた。

これが湾チヌ釣法特有の鮮明なアタリ。この釣り方で居食いのようなモゾモゾしたアタリは出ない。常に仕掛けを張っていることとチヌが動きのある餌に好反応を示すからだ。仕留めたのは重量感たっぷりの良く肥えた45センチのチヌだった。

すぐにリリースし連発を期待するがアタリが出ない。2度目のチヌアタリは潮が止まりだした同11時前。1メートルほど落とし込んだときにウキがシューッと視界から消え、合わせると竿が胴からしなる。底をはうようなパワフルな引きをみせたのは肉厚の見事な魚体をした47センチだった。その後も納竿の正午までになんとか年なしをと仕掛け、まき餌を打ち返していく。

すると願いが通じたのかウキの動きが一瞬止まり、ラインをゆっくり張ると急加速して海中へ。合わせを入れると頭を振って重量感たっぷりに竿を絞り込む手応えにデカチヌだと確信。やりとりを楽しみながら慎重に水面まで浮かせたのは精悍(せいかん)な顔つきをした50センチジャスト。狙い通りの大チヌに納得したところで納竿。茅渟の海をあとにした。大チヌは水温が低下していくこれからが本番で来年の1月末までが狙い時だ。【日刊FPC・前西喜弘】

【問い合わせ】久保渡船【電話】06・6416・0807。渡船料金は大人2400円、女性2200円、高校生2000円、中学生1600円、小学生1200円。1番船は午前6時出船(天候、季節によって変動)。エサ、仕掛け常備。最終の迎え午後5時(同)。

【交通】阪神電車の武庫川駅下車。国道43号の下をくぐり、南へ進むと左側が同渡船。渡船場まで送迎あり。車は大阪から国道43号で武庫川手前を左折。南下すると同渡船がある。