厚生労働省によると2018年の日本人の平均寿命は、女性87・32歳、男性81・25歳となり、いずれも過去最高を更新した。世界でも稀にみる長寿国となり、いまや100歳(百寿)を超える人も珍しくない。これからの高齢社会でカギを握るのが「予防医学」という考え方である。いち早く予防医学を提唱し、機能性食品の開発や栄養成分の利用などに詳しい早大ヘルスフード科学部門・部門長の矢沢一良氏に聞いた。