良好な腸内環境は病気を予防する免疫力を高める働きがある。また、脳と腸は互いに信号を交わして影響していることも明らかになってきた。ヒトの腸の中でおよそ100兆個もいるという腸内細菌は、悪玉菌より善玉菌が多いほどいいとされる。腸内環境を改善するサプリメントも増えてきた。こうした食品の上手な使い方を、「予防医学」に詳しい早大部門長の矢沢一良教授に聞いた。

生きた菌を毎日 腸活を始めよう

腸活3カ条

腸の中で活躍する腸内細菌の中では「ビフィズス菌」が有名だろう。

「かつてはビフィズス菌も乳酸菌の1つでした。乳酸菌は、糖質を代謝して5割以上乳酸を作れば、それと分類されます。実はビフィズス菌だけは乳酸のほかに酢酸も作れるため、乳酸菌とは別に扱われます。今、主な乳酸菌にはラクトバチルス菌、エンテロコッカス菌がありますね。これら3つが代表的な菌でそれぞれ腸の中でも異なる場所に存在するといわれています。もともと自分が持っている菌のエサになるオリゴ糖などを摂取することをプレバイオティクスと呼んでいますが。生きている菌も一緒にとりましょうと、シンバイオティクスというのが流行っています。これらを全部まとめたのが腸活というわけですね」

ラクトバチルスは、酸に強く、比較的胃に近いところにいる。エンテロコッカスは回腸付近に多いという。ビフィズス菌は大腸に多いことで知られている。

「たとえば酸の強いお酢や乳酸は、それを飲むと腸に刺激を与えてぜん動運動を活発にしてくれます。つまり排便を促してくれますが、ビフィズス菌は酢酸も作るので、排便促進に役立ちます。これらは薬ではないので、その都度便秘が治ればいいというものではなく、『毎日その状態を作ってあげる』ことが大切です。生きている菌ならば、それを毎日飲むことが必要です。エサとなるオリゴ糖なども毎日補給してやることです。実はサプリメントも同じような使い方が重要なのです」

乳酸菌は腸の中で増殖や定着しない

ここでちょっと腸内細菌にまつわる意外な事実について紹介しよう。

「乳酸菌が健康にいいという考えは、1900年代初めにロシアのメチニコフがヨーグルトの不老長寿説を発表したことが発端ですが、その仮説は覆されています。ヨーグルトに含まれている乳酸菌がいいのは、タンパク質が消化吸収されやすい形になっているため。もう1つは、乳酸菌が出す乳酸により腸を刺激してぜん動運動を活発にしてくれるのです」

生きた菌を摂取しても、ほとんどは胃の中で死滅してしまうため腸に届かない。近年は技術の進歩で生きたままの菌を腸まで届くことができるようになったが、そうした菌でさえ、腸の中に住み着くことはできないとされている。

「つまり、腸の中で増殖し定着することはない(宿主特異性)ということです。ただ、代謝はしているので、それが乳酸菌を飲むことの効果だと思います」

長らく私たちは、飲んだ乳酸菌がそのまま腸の中で増えていくとイメージしていたが、実際にはそうではないという。

プロフィル
矢沢一良(やざわ・かずなが)
◆矢沢一良(やざわ・かずなが)1948年(昭23)東京生まれ。京大工学部卒業、農学博士。東京海洋大学「食の安全と機能に関する研究プロジェクト」特任教授等を経て現在、早大ナノ・ライフ創新研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門・部門長を務める。予防医学、ヘルスフード科学、脂質栄養学、海洋微生物学、食品薬理学を専門とする。