プロ野球番記者コラム

西武山川の故郷沖縄で地方開催の醍醐味!青森も期待

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

沖縄でのナイターは、独特な雰囲気だった。スタンドでは指笛がひっきりなしに鳴り響き、ファンが突如として「カチャーシー」を踊り出す。それを見たファンのボルテージがまた上がる。地元出身の西武山川の地元弾に盛り上がっていたかと思えば、終盤ソフトバンクの猛追にまた盛り上がる。何でもかんでも盛り上がるスタンドに、山川も「いったいどっちなんだろうと。それも沖縄らしくて、いいところですけど」と、笑っていた。

西武対ソフトバンク ファーストピッチセレモニーで打者を務めた具志堅用高は空振りしたものの一塁を駆け抜け山川穂高とハグ(撮影・たえ見朱実)
西武対ソフトバンク ファーストピッチセレモニーで打者を務めた具志堅用高は空振りしたものの一塁を駆け抜け山川穂高とハグ(撮影・たえ見朱実)

2戦目の始球式、バッター役に元ボクシング世界王者でタレントの具志堅用高が登場。オリオンビール・キャンペーンガールが投げた球を豪快に空振りしながらも、一塁へ全力疾走。すると、そのまま一塁の守備についていた山川と抱擁し「ホームラン見せてください!」とおねだり。沖縄の人たちによる、沖縄の人たちのための2試合は、いずれも満員御礼の大盛況だった。

5月に入り、各チームの地方開催が増えた。全国津々浦々から集まった選手が、普段は試合のない地元へ凱旋(がいせん)することによって注目を浴び、モチベーションを高めることは、地方開催の醍醐味(だいごみ)だと思う。29日には外崎の地元である青森・弘前で楽天戦がある。沖縄とはまた違ったムードが、後押しするに違いない。【西武担当 栗田成芳】

21日 7回裏西武1死一、二塁、山川穂高は左越えに3点本塁打を放つ。スタンドのファンも大喜び(撮影・梅根麻紀)
21日 7回裏西武1死一、二塁、山川穂高は左越えに3点本塁打を放つ。スタンドのファンも大喜び(撮影・梅根麻紀)

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新