プロ野球番記者コラム

捕手は「ミット」より「ヒザ」で捕球を/梨田昌孝

梅野の今季の構え方
梅野の今季の構え方

キャッチャーの捕球の在り方は、「ミット」ではなく、「ヒザ」の使い方で決まってくるものだ。いかにヒザをうまく動かすかでキャッチングの良しあしに違いがでてくる。

確かに梅野が左膝に重心を置いて構えるのは右打者の外角低めの球をストライクと判定されにくい。現役時代の藤井コーチがそうだったように、アウトコースに投じられる球には右膝にウエートをかけるのがベターだろう。

捕手によっては、外角球に対してミットだけをもっていって、それを内寄りに動かすタイプがいる。これは球審にごまかしていると思われがちでマイナスイメージをもたれてしまう。

梅野の捕球は年々、上達している。藤川、ドリスら落ちる球を武器にする投手にも捕逸が少ない。セ・パ両リーグトップのチーム防御率は梅野の巧みな捕球も影響しているとみていた。

ただ、外角球に対しては、ミットだけを動かすのではなく、右膝に重心をかけることで捕球がしやすいし、球審にも投球の軌道が見やすくなってストライクをとられるケースが増えてくる。(日刊スポーツ評論家)

阪神藤井コーチ、現役時代の構え方
阪神藤井コーチ、現役時代の構え方

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新