金足農きょう先陣 吉田が導く東北勢初戦9連勝

  • FacebookMessenger
  • TL

 11年ぶり6度目出場の金足農(秋田)が今日8日、東北勢の先陣を切って第100回全国高校野球選手権記念大会の初戦に挑む。7日、鹿児島実戦に向けて大阪・豊中市内で最終調整を行った。10年の八戸工大一(青森)以来、東北勢の初戦は8連勝中。最速150キロ右腕の吉田輝星(3年)がチームを23年ぶりの初戦突破に導き、東北勢に勢いをもたらす。

 俺が先陣勝利に導く! 吉田が鹿実撃破に自信を見せた。東北勢は10年から8年連続で初戦突破中と聞かされると、最速150キロ右腕は高らかに宣言した。

 吉田 目標は全国制覇。まず秋田県勢として初戦を突破したい。負ける気はないし、9連勝したい。自分たちの力を甲子園で出していかないと、東北初の優勝旗はもらえない。そこは自分が先頭になって、勢いづけたい。

 豊中市内で行われた7日の最終調整で、万全をアピールした。ブルペンでは右打者を立たせて4球、左打者には32球を投げ込み感触を確かめた。圧巻は相手先発打線に6人も並ぶ左打者への投球だ。膝元すれすれの内角直球に、外角へ逃げるツーシームを自在に操ってみせた。「秋田大会より全然調子はいい。完璧に近いぐらい仕上がっている。インコースのコントロールが重要。緩急しっかりつけて、低めに投げたい」と、自信をみなぎらせた。

 実際に防具を着けて打席に立ったベンチ外の岩本健斗(2年)が証言した。膝元に投げ込まれた150キロに迫る直球を実際に体感し、戦慄(せんりつ)が走っていた。「めちゃ怖かった。内外のコンビネーションは絶対に打てないと思う。ヤバかった。絶対に無理」。中泉一豊監督(45)も「左の内角攻めが生命線になる」とキーポイントに挙げた。

 吉田の脳内では、既に甲子園のマウンドで投げる自分の姿が再生されていた。「しっかり全力で投げれば150キロ以上は出る。初球は思い切り、ストレートを投げたい」。前日6日には甲子園で試合観戦。イメージをさらに膨らませた。注目されれば、注目されるほど力を発揮する男が、聖地で仁王立ちする。【高橋洋平】

 ◆東北勢の夏先陣8連勝◆

年  東北勢      結果 対戦校     最終成績

10 八戸工大一(青森)8○4英明(香川)  2回戦

11 聖光学院(福島) 5○4日南学園(宮崎)2回戦

12 仙台育英(宮城) 8○2佐賀北(佐賀) 3回戦

13 聖光学院(福島) 4○3愛工大名電(愛知)2回戦

14 利府(宮城)   4○2佐賀北(佐賀) 2回戦

15 花巻東(岩手)  4○2専大松戸(千葉)3回戦

16 盛岡大付(岩手) 8○6九州国際大付(福岡)3回戦

17 盛岡大付(岩手) 4○1作新学院(栃木)ベスト8

18 金足農(秋田)  ?  鹿児島実(鹿児島)?

※すべて1回戦

  • FacebookMessenger
  • TL