山村学園・和田10回熱投「おとこ気を上げた」監督

<高校野球春季関東大会:東海大相模4-1山村学園>◇22日◇準決勝◇大宮公園

山村学園(埼玉3位)の和田朋也投手(3年)は、真っすぐとスライダーで東海大相模(神奈川1位)の強力打線に立ち向かった。

習志野、国士舘とセンバツ出場チームを破った自信を全面に出し、強力打線にも気後れすることなく、9回まで7安打されながらも1失点。延長で力尽きたが、熱投を見せた。

岡野泰崇監督は「みんなが認める投球をしてくれた。おとこ気を上げましたね」と成長を喜び、和田も「夏に向けていいステップになりました」と前を向いた。

その他の写真

  • 東海大相模対山村学園 先発の山村学園・和田(撮影・大野祥一)