東海大相模初V 先頭打者弾からタテジマ対決制す

<高校野球春季関東大会:東海大相模7-3東海大菅生>◇23日◇決勝◇大宮公園

東海大相模(神奈川1位)が東海大菅生(東京1位)との「タテジマ対決」を制し、春の関東大会初優勝を果たした。

1回表、1番鵜沼魁斗外野手(2年)が初球を左翼席へ先頭打者本塁打。これで勢いに乗るとこの回2点を追加し計3点を先制。主導権を握った。4回には7番松本陵雅内野手(2年)が左越えソロ。その後も加点し14安打で7点を奪った。

守っては4投手のリレーで東海大菅生の反撃を3点に抑え逃げ切った。

その他の写真

  • 東海大相模対東海大菅生 1回表東海大相模無死、初球先頭打者本塁打を放った鵜沼(撮影・大野祥一)
  • 東海大相模対東海大菅生 4回表東海大相模1死、左越え本塁打を放つ松本(撮影・大野祥一)
  • 決勝戦を前にメンバー表を交換し、握手する東海大菅生・石田主将(左)と東海大相模・井上主将(右)(撮影・大野祥一)
  • 東海大相模対東海大菅生 9回裏東海大菅生2死二塁、最後の打者を三振に仕留め、叫ぶ紫藤(撮影・大野祥一)