東海大相模・門馬監督 春初Vも「終わったから夏」

<高校野球春季関東大会:東海大相模7-3東海大菅生>◇23日◇決勝◇大宮公園

東海大相模(神奈川1位)が東海大菅生(東京1位)との「タテジマ対決」を制し、春の関東大会初優勝を果たした。

門馬敬治監督は「『終わったから夏だぞ』という話を選手にしました」とすでに夏の大会へと気持ちを切り替えていた。

今大会の収穫には1年生の石田隼都投手の名前を挙げた。決勝も含め2試合に先発登板。8イニングを2失点に抑えた。「石田が一番の収穫。光が見えてきました」と話した。

その他の写真

  • 東海大相模対東海大菅生 9回裏東海大菅生2死二塁、最後の打者を三振に仕留め、叫ぶ紫藤(撮影・大野祥一)