早大・小宮山監督がセンバツ選出の磐城評価していた

  • 磐城ナインは帽子を投げて喜ぶ(撮影・柴田隆二)

<第92回選抜高校野球:選考委員会>◇24日◇大阪市

第92回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の出場32校が決定し、21世紀枠で磐城(福島)が選出された。

昨秋の東北大会中に台風19号の影響を受けたが、46年ぶりに2勝を挙げ8強入り。71年夏に「小さな大投手」田村隆寿氏(67)を擁し準優勝するなど、甲子園9度出場を誇る文武両道の古豪が、95年夏以来25年ぶりに聖地に戻る。11年の東日本大震災で大きな被害を受けたいわき市にとって、復興を象徴する吉報となった。組み合わせ抽選会は3月13日に行われる。

   ◇   ◇   ◇

 

東北復興支援野球交流で部員3人と磐城を訪れた早大・小宮山悟監督(54)は昨年12月、実力を評価していた。部員に「ありとあらゆることを教えてくれるから、3人からいろいろ聞いて、身につけてほしい。選抜に行くことになれば、これを生かして甲子園で暴れてほしい」。練習を見終えると「全国レベルでも平均以上。センバツに出ても恥ずかしくない試合ができると思う」と実力を認め、エース右腕沖政宗(2年)を「期待を抱かせる投手」と評価していた。