予選では記録員、一関学院・鈴木が4番抜てき応える

  • 準々決勝進出を決めて、審判にもあいさつする一関学院の選手たち(撮影・鎌田直秀)

<高校野球秋季岩手大会:一関学院4-0盛岡四>◇20日◇2回戦◇岩手県営野球場

一関学院・鈴木幹大内野手(2年)が4番抜てきに応えた。3回裏にスクイズで先制した直後、2死三塁から強烈な当たりを三塁へ。失策を誘い、チームの流れを作った。

前日19日の盛岡商戦では本塁打。打席では気合の声も出し「滋先生(高橋監督)は気持ちの部分も評価してくれていると思うし、チャンスをもらえたら結果を出したい」。地区予選では記録員だった男が成長中だ。