大阪桐蔭・宮下3ラン「自分たちの代で」天理に雪辱

<高校野球秋季近畿大会:大阪桐蔭11-4天理>◇25日◇準々決勝◇わかさスタジアム京都

大阪桐蔭が11安打と天理の好投手・達を打ち崩し、来春のセンバツ出場をほぼ確実にした。

昨秋近畿大会決勝で敗れた相手にリベンジ。3回2死一、三塁で昨秋はボールボーイの3番宮下隼輔内野手(2年)が3ランを放つなど、打者一巡した中盤から着実に加点。「今年は自分たちの代でやり返すと思っていた。何点であれ、勝つことが優先でした。その結果がチームの勝ちにつながった」。近畿王者まであと2勝だ。