nikkansport.com @ mobile

MLB

ノブ斎藤のfrom U.S.A

やっぱり投手と野手を同時にプレーしてこそ大谷翔平

  • FacebookMessenger
  • TL

<アストロズ4-2エンゼルス>◇2日(日本時間3日)◇ミニッツメイドパーク

前日のアストロズ戦で復帰し、2回1/3を投げ2安打2失点のエンゼルス大谷
前日のアストロズ戦で復帰し、2回1/3を投げ2安打2失点のエンゼルス大谷

「ハッハッハ!」。故障前は、クラブハウス内でも高らかに大笑いする大谷の姿が見受けられた。だが、肘の張りが判明した直後は、違った。

6月6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦後、右肘の張りを訴えた。この日、クラブハウスへ現れた大谷は、トラウトから「ショーイ!」とあだ名で呼びかけられた。いつもは、チームメートの呼びかけに、日本語で「なにー?」などと、かわいらしく返答する大谷も、その時ばかりは「んー」と素っ気なく振り向いた。その翌日、検査で靱帯(じんたい)の損傷が判明した。トラウトやソーシア監督は、ケガが判明した直後の大谷は「落ち込んでいた」と振り返る。野球が出来ない現実がつらいのだろう。珍しく負の感情をにじませた顔が印象的だった。

打者復帰した7月3日(同4日)。試合後、報道陣にケガから学んだことは? と問われると「ケガをして思うのはやっぱり、すごく、無駄な時間」。たとえ無安打に終わっても、全て勉強と捉え、前向きに考える大谷にとっては極端にネガティブな発言だった。

そして迎えたこの日。試合後に、この時期の投手復帰を疑問視する声があるとの質問に「投げられるなら投げたいですし、そこはもうずっと変わらない」と即答した。やっぱり投手と野手を同時にプレーしてこそ、大谷翔平。あらためてそう感じる3カ月間だったし、この日の49球だった。本来のポジティブさが招く快投快打と、豪快な高笑いの復活を期待している。【MLB担当=斎藤庸裕】


◆斎藤庸裕(さいとう・のぶひろ)米ロサンゼルス在住。ロッテ、巨人、楽天担当を経て、2014年に渡米。サンディエゴ州立大学でスポーツビジネス(Sports MBA)を学ぶ。2018年からメジャー取材。プロ野球担当1年目のロッテが下克上V。「運が強い」とされている。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

MLBニュースランキング

  1. ダルビッシュ「愛してます」義兄山本KID氏へ感謝
  2. 大谷5番DH 出るか21号/エンゼルス戦速報中
  3. 大谷が練習で柵越え連発 ひねった左足首は問題なし
  4. 大谷翔平3位、長期的なポテンシャルで見るルーキー
  5. イチロー確信「初めてのホームランバッター」
更新