nikkansport.com @ mobile

MLB

マー君自己新14K!野茂&ダル次ぐ10度目2ケタ

  • FacebookMessenger
  • TL

<ヤンキース6-1レイズ>◇28日(日本時間29日)◇ヤンキースタジアム

 ヤンキース田中将大投手(28)が、天敵レイズを6回途中までパーフェクトに抑える快投で自己最多の14奪三振を記録し、今季8勝目(9敗)を挙げた。速球系、変化球とも、思うままに決まった。「コントロールがいいから、キレも出る」と、立ち上がりからすべてがうまく回った。特にスライダー、スプリットの動きは鋭く、初回の先頭から5者連続の空振り三振。6回の打者2人まで無安打無四球のパーフェクト投球で強力打線を圧倒した。

 レ軍とは開幕戦と5月20日に2度対戦し、計5本塁打を浴びていずれもKOされた嫌な相手だけに、雪辱を果たしたい登板だった。マウンドで何度も独り言を言いながら「気持ちはそれはもう、もちろん入ってました。やっぱりやられてましたから」と気迫がこもる。7回に4番デューダにソロ本塁打を浴びたが、8回をわずか2安打、無四球で1失点。最後の回は先頭から2者連続三振に退けたところで球数が100球に達したが、最後の打者にフルカウントまで粘られながらも力を振り絞り、9球目のスプリットで14個目の三振を奪った。「(最後は)しっかりと押し切ろうと思って、根負けしないように投げました。うまくボールを操れていたと思います」と納得の投球だった。

 白星は25日ぶり、2桁奪三振は今季3度目。チームも5連勝で地区首位に1カ月ぶりに返り咲いた。ジラルディ監督は「最近6、7試合の内容は良かったが、今日は特に見事だった。いい方向に向かっている」とエースの復活を喜んだ。【水次祥子】

 ▼田中が大リーグ自己最多の1試合14奪三振。これまでは今年5月26日アスレチックス戦の13個が最多だった。1試合14奪三振以上をマークした日本人は野茂(4度)ダルビッシュ(5度)に次いで3人目。田中の2桁奪三振は大リーグ通算10度目になり、日本人の10度以上も野茂(31度)ダルビッシュ(32度)に次ぐ3人目。

このニュースの写真

  • 日本人大リーガーの1試合14奪三振以上
  • 田中の最近10試合成績(通算は今季)
  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

MLBニュースランキング

  1. 手術決断の大谷「もう1度一からやりたい」一問一答
  2. 緊迫の大谷会見で雰囲気一変のナイス?ハプニング
  3. 大谷セクシーなフレーズ熱唱、恒例新人いじり
  4. MLB記者新人王投票、大谷がア・リーグトップに
  5. トミー・ジョン手術へ…大谷4番で適時打/詳細
更新