大谷3戦ぶり安打 天敵ルブラン攻略できず13の0

<マリナーズ2-6エンゼルス>◇20日(日本時間21日)◇Tモバイルパーク

エンゼルス大谷翔平投手(25)は、5打数1安打2三振だった。3試合ぶりの安打で打率は2割9分5厘となった。

1回の第1打席はマリナーズのオープナー、右腕ウィスラーに対して空振り三振。フルカウントからの7球目、見逃せばボール球だったが、低めのスライダーに手が出て空振りとなった。

3回の第2打席は左腕ルブランと対戦。カウント2-2から低めのチェンジアップに空振り三振。5回の第3打席も同投手と対戦し、遊ゴロに打ち取られた。15年に西武に在籍していたルブランとは今季7打数無安打5三振。メジャー1年目からは13打数無安打9三振で、天敵に対してこの日も攻略はできなかった。

8回は日本ハム時代の同僚バースと対戦。二ゴロに打ち取られた。

4打席無安打で迎えた第5打席は9回2死走者なしの場面、左腕エリアスの高め直球をとらえ、左前へのクリーンヒットを放った。その後、二盗を成功させ、4番アップトンの打席で今季7個目の盗塁もマークした。

試合はエンゼルスが終盤に勝ち越し、連敗を3で止めた。

その他の写真

  • 3回、空振り三振するエンゼルス大谷(AP)