大谷オープン戦初戦は欠場 フリー打撃で7本柵越え

  • キャッチボールするエンゼルス大谷(左)(共同)

エンゼルス大谷翔平投手は22日のオープン戦初戦には出ないことになった。

本人は出場に意欲的だったが、エプラー・ゼネラルマネジャーが「土曜日(22日)はプレーしない」と明言。トラウトら他のレギュラー陣も同様に欠場の方針を示した。

20日の大谷はキャッチボールをこなした後、8日連続となるフリー打撃で35スイング中7本の柵越えを放った。終盤には10本中6本が外野フェンスを越えるなど、スイングに力がこもっていた。(共同)