マー君、2ラン浴びるも最速146キロに好感触

  • 2回、リード(左)に2ランを浴びたヤンキース田中(共同)

<ヤンキース8-2ナショナルズ>◇26日◇タンパ

ヤンキース田中将大投手は先発して2回を投げ、本塁打を含む2安打2失点、2三振1死球だった。5回途中降雨コールドゲームでチームは8-2で勝った。

雨が降る前に初登板を果たした田中は「マウンドに上がれて良かった」と話し、予定通りに調整できたことで笑みがこぼれた。

2回に2ランを食らったが、速球は最速で91マイル(約146キロ)を記録。「ここ数年、最初のゲームで91とか出ていなかった」と順調さを実感している。取り組むカットボールにも「相手がちょっと打ちにくそうにしているな、というのは感じられた」と好感触を得た。

次回登板は3月3日(日本時間4日)のレッドソックス戦の予定だ。(共同)