レッズ打撃コーチ、秋山翔吾は「日本と同じ打撃を」

レッズのジンター打撃コーチが、秋山翔吾外野手に求めるバッティングに言及した。

地元紙シンシナティ・エンクワイアラー電子版で「我々は彼の日本でのプレーを気に入っている。引っ張ったり本塁打を狙ったりするのではなく、日本と同じ打撃をしてほしい」と説明。

99年に西武でプレーし、日米の野球を知る同コーチは「ここまでのプロセスはうまくいっている」と、秋山の順応ぶりを評価した。