アストロズ、ボルシンガーの提訴を破棄申し立て

ハイテク機器を駆使したサイン盗みで処分を受け、複数の訴訟を起こされているアストロズが、元ロッテのマイク・ボルシンガー投手(32)の提訴を破棄をするよう申し立てた。

同投手はブルージェイズに所属していた17年にサイン盗みの犠牲者となり、職を失ったとして、カリフォルニア州でア軍を提訴していた。ア軍側は、破棄できなければ、訴訟を本拠地のあるテキサス州の裁判所に移すよう求めている。