18年10月手術、19年6月初ブルペン/大谷経過

  • 19年2月9日、日本ハムキャンプ地を訪れたエンゼルス大谷の右肘には手術の痕が痛々しく残っていた

<エンゼルス紅白戦:紅組-白組>◇7日(日本時間8日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(26)が、午後3時(日本時間8日午前7時)から始まる紅白戦に先発した。

実戦登板は18年9月2日のアストロズ戦以来、674日ぶり。前日は遠投やダッシュなどで登板に備えた。3イニングを予定している。

<大谷の右肘ケガと経過>

18年10月1日 右肘の内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)を受ける

19年3月8日 術後、初めてのキャッチボール。約6~12メートルの距離で60球

5月7日 打者復帰

6月26日 術後、初ブルペンで43球。傾斜のあるマウンドからの投球は297日ぶり。

8月17日 10度目のブルペンでカーブ解禁。直球は約137キロ

同24日 12度目のブルペンでスライダー解禁。直球は約140キロを計測

9月1日 14度目のブルペン入りで40球

同13日 左膝の二分膝蓋(しつがい)骨の除去手術を受ける

10月上旬 キャッチボール再開

20年2月23日 キャンプで初のブルペン入り。20球、全て直球で調整

同2月26日 キャンプ2度目のブルペン入りで全球種を投げ、41球。直球は約135キロ

3月11日 6度目のブルペン入りでキャンプ最多59球

同13日 新型コロナウイルスの感染拡大でキャンプ中断

4月13日 本拠地エンゼルスタジアムで約1カ月ぶりにブルペン入り

5月下旬 打者を相手に実戦想定の投球練習開始

7月3日 キャンプ再開。ブルペン入りで37球