ジャイアンツ主砲ポージー、今季はプレーしない意向

ジャイアンツの主砲バスター・ポージー捕手(33)が10日(日本時間11日)、今季はプレーしない意向を明らかにした。

2012年MVPのポージーは、過去に新人王、首位打者を獲得したほか、ジャイアンツの看板選手として過去3回の世界一に貢献した。

メジャーでは、これまでにデービッド・プライス投手(ドジャース)、ライアン・ジマーマン内野手(ナショナルズ)、イアン・デスモンド外野手(ロッキーズ)、ニック・マーケーキス外野手(ブレーブス)らが、新型コロナウイルス感染を懸念して、今季は出場しない意向を表明している。