キャンプ再開後は7401件の検体で17人が陽性

米大リーグ機構と選手会が10日、新型コロナウイルスの検査結果を発表し、キャンプ再開後は7401件の検体で選手13人とスタッフ4人の17人が陽性反応を示した。

キャンプ再開前の検査と合わせると、1万1149件の検体で83人が陽性。(共同)