マエケン50勝「今は一番いい状態」一問一答

  • ブルワーズ戦に先発したツインズ前田(AP)

<ブルワーズ2-12ツインズ>◇12日(日本時間13日)◇ミラーパーク

ツインズ前田健太投手(32)が6回2/3を投げ5安打2失点、5三振1四球で今季3勝目を挙げた。防御率は2・66。メジャー5年目で通算50勝(35敗)に到達し、日本人メジャー投手では8人目の節目達成となった。この日は味方の大量援護にも恵まれ、リズムのいい投球でチームの快勝に貢献した。試合後の前田の主な一問一答は以下の通り。

-今日の登板ではどこが良かった

前田 試合前にもミーティングをして、ミッチ(ガーバー捕手)の要求通りにしっかり投げられたんじゃないかなと思います。

-5回、味方の攻撃が25分と長かったが、直後の投球を7球で終えた。どういうメンタルで臨んだ

前田 攻撃が長いことはうれしいこと。そこは難しいとか言わずに、これがいっぱいあることを願っているし、攻撃が長い分、守備は短くしないといけない。どんどんストライクを投げていって、相手を打ち取ることを考えました。

-メジャー通算50勝

前田 特別考えていなかったし、もっとたくさん勝てるように、積み上げていけるようにしたい。

-4試合の先発で味方打線が34得点

前田 すごいうれしいですね。ピッチャーにとってもすごく楽になるし、1点でも少なくという気持ちで投げれば、チームが勝つ確率が上がるので、有り難い。

-7回途中まで投げた。長く投げられたということはいいことか

前田 やっぱり長いイニングを投げたいと思うし、今シーズンは調整の部分で難しいこともあったけど、だんだん慣れてきた。これからも長いイニング投げられるようにやっていきたい。

-今日の投球の感触はどうだったか

前田 調子自体は良くもなく悪くもなくという感じだったんですけど、味方が大量に得点してくれたので。とにかく守備の時間を短くというのを意識して、ストライク先行でどんどん打ち取ることができたのは良かったかなと思います。

-対左打者を抑えることに関して手応えは

前田 左に対して今年はすごくいい感じで投げられていると思いますし、相手が左打者を多く出してくる中で、自分も苦にすることなく投げることができている。左に対しての対策がしっかり出来ているんじゃないかなと思います。

-ここまで登板した4試合を振り返って

前田 順調にスタートできたと思います。新しいチームに来て、いろいろ試行錯誤しながらですけど、しっかり自分のいいところを出せていると思います。

-今が一番いい状態ではなく、もっといい時があったか

前田 いや、結構いいですね。年々、成長できている部分もあるし、防御率とか勝ち星とか、そういうのを抜きにして、投げているボール自体、こっちのバッターに対して自分もレベルアップ出来ていると思います。レベルの高いバッターがいて、自分も進化しないといけないと考えることもできるので、そういう意味ではこっちに来て、今は一番いい状態じゃないかなと思います。