サイ・ヤング賞有力候補バウアーらが9月MVP受賞

9月の月間MVPが28日に発表され、ア・リーグ最優秀新人にエンゼルスのジャレド・ウォルシュ内野手(27)が選出された。

昨季二刀流にも挑戦したウォルシュは、8月28日に再昇格し9月は打率3割3分7厘、9本塁打、26打点。新人史上初の9戦連続得点と打点も記録した。ナ・リーグはパイレーツのヘイズ内野手が選出。投手部門はナがサイ・ヤング賞有力候補のレッズの右腕バウアー、アはアスレチックスの右腕バジットがともに初受賞。野手部門はナがブレーブスのフリーマン内野手、アはインディアンスのラミレス内野手がいずれも2度目の選出となった。