阪神が鳴尾浜で阪神淡路大震災の犠牲者に黙とう

 阪神は17日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で阪神淡路大震災の犠牲者に黙とうをささげた。

 球団職員、選手、スタッフら約60人が練習前に整列し、1分間、行った。ドラフト1位の大山悠輔内野手(22=白鴎大)ら新人勢のほか、高山俊外野手(23)らも参加。球団旗も半旗だった。四藤慶一郎球団社長(56)は「22年がたつ。早いですね。たくさんの方が亡くなった。阪神ファンの方もいらっしゃると思う。祈りをささげて、毎年、こういう形で黙とうさせていただいています」と話した。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング