日本ハム斎藤佑樹623日ぶり白星 6回途中1失点

<日本生命セパ交流戦:日本ハム6-1DeNA>◇31日◇札幌ドーム

 日本ハム斎藤佑樹投手(28)が4月6日ロッテ戦以来、今季2度目の先発で初勝利を挙げた。5回3分の0を投げ、5安打1失点だった。

 斎藤が白星を挙げるのは15年9月16日のロッテ戦以来、623日ぶり。

 斎藤は初回、先頭の桑原に安打を許したが続く梶谷を併殺打。2、3回を3者凡退に抑えると、4回は2死三塁のピンチを無失点で切り抜けた。5回は2死二塁から倉本に左前打されたが、左翼大田の好返球で本塁タッチアウト。無失点で5回を投げ終え、斎藤も大田に拍手を送った。

 6回も続投した斎藤は、先頭の桑原に二塁打を浴びて降板。2番手谷元が走者を返し1失点したが、味方に3点の援護をもらい、斎藤に勝利投手の権利が残った。3番手宮西以降も無失点でつなぎ、逃げ切った。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新