西武多和田6失点 いまいちも開幕第2戦先発を通達

<オープン戦:西武4-8DeNA>◇24日◇メットライフドーム

 西武先発の多和田真三郎投手(24)は、5回2/3、6安打6失点(自責5)だった。

 制球が不安定で、4四球1死球。「うまくボールを操れなかった。もっと直球で押せば良かった。結果がどうあれ、腕を振って投げれば良かった」と反省した。

 試合後、首脳陣は開幕第2戦(31日、日本ハム戦)の先発を通達。土肥投手コーチは「内容は、いまいちだったが、やってもらわないと困る投手。2戦目で」と明言した。

 開幕ローテは、30日からの日本ハム3連戦が、菊池、多和田、ウルフ。4月3日からのソフトバンク2連戦が、十亀、カスティーヨ。同10日からは6連戦となるため、6人目の先発は高木勇が有力だ。土肥コーチは「(高木勇は)先発として準備してもらう」と話した。

このニュースの写真

  • 西武対DeNA 先発で登板し力投する西武多和田(撮影・滝沢徹郎)