日本ハム3位生田目、武田久コーチの制球指導に感謝

  • TL

<プロ野球ドラフト会議>◇25日

日本ハムから3巡目で指名された日本通運・生田目翼投手(23)は、安堵(あんど)の表情を見せた。

2年前の流通経済大時代には、まさかの指名漏れしていただけに「呼ばれるか、不安でした。また呼ばれないんじゃないかって、あの時のことがよみがえっていました」と苦笑いを浮かべた。

大学時代はケガに苦しんだが、日本通運でコーチをしている元日本ハムの武田久投手の指導が実った。制球力が上がり「自分はアウトローに100点の球を投げようとしていた。でも、武田さんから、80点でいいからコースを狙って投げろと言われ、それが大きかった。こういう風に投げれば、こういうボールがいくんだなって、よくなりました」と成長した自分をアピールした。

1位には金足農の吉田が指名され、2位も高卒野手が指名されたが「2人より先に出てやるという思い。社会人は即戦力を期待されているでしょうから」と自覚も十分。武田コーチも「チームでは先発だったけど、リリーフでもどこでもできる投手」と愛弟子の活躍に太鼓判を押した。【小島信行】

このニュースの写真

  • 日本ハム3巡目指名を受けた日通・生天目(左)は、武田投手兼コーチから祝福され笑顔をはじけさせる(撮影・浅見桂子)
  • TL