「顔がええのは覚えているんやけど」/矢野監督

  • TL

阪神矢野燿大監督が、紅白戦でカウント3-0から犠飛を放った中谷を絶賛。

「今はうまくなるためにここに来てんのにさ、見逃しても何も魅力を感じひんやん。ガンガン打ちにいって自己アピールをどんどんして、自分がどれだけうまくなるんやってことをやってほしい。真っすぐやろっていうところで、あれは犠飛でもまあまあ価値もあったと思う。いつも言っているように、そういうところにチャレンジして自分がどううまくなるかというところの打撃やと思うから」と和製大砲の完全覚醒に期待した。

その他一問一答は以下の通り

-熊谷が良かった

目立ったっけ?(笑い)。タイムリー ? 顔がええのは覚えているんやけど(笑い)。荒木とかの方が目立っていたから、荒木の印象が強いけど。

-投げる方では福永と竹安が目についたか

福永もカーブが持ち味ではあるし、今日はカーブを意識して投げて、ある程度は打者のタイミングを外すとかカウントを取れたとか、そういう部分はプラスのところやったと思う。まあ、でも真っすぐ、スピードガンとかは知らんけど、もうちょっとやっぱりそこにプラスアルファはほしいな、というね。真っすぐが走ってカーブがキレる、とかさ。カーブでカウントを取れたけど、真っすぐでもうちょい刺し込む、とかさ。1個だけでは、やっぱり1軍で勝つというところになかなか行きにくいと思うから。

-竹安はワインドアップで強さが出てきたか

うーん、まあでも「真っすぐ頑張ろな」っていう話はずっとファームでもしていて。アイツもどちらかと言うとオーソドックスだから。打者からしたらあまり威圧感とか嫌さがないのよ。ツーシームっていうボールを投げられるから、それは1つ武器にはなるんだけど。

  • TL