ソフトバンク甲斐結婚していた!同い年元幼稚園教諭

  • TL

ソフトバンク甲斐拓也捕手(26)が今年3月に結婚していたことが21日、分かった。相手は福岡在住の元幼稚園教諭の女性(26)。13年9月から4年半の交際を経てゴールインした。日本シリーズでは6連続で盗塁を阻止してMVPを獲得。強肩「甲斐キャノン」と一躍有名となった今季は、新婚の夫人の支えがあればこその活躍だった。

   ◇   ◇   ◇

甲斐が婚姻届を出したのは今季開幕の3月30日だった。「特に今季にかける強い思いがあった。大事な試合だったので奥さんに婚姻届を出してきてもらいました」。夫人と二人三脚で正捕手2年目を戦った。

相手は福岡市在住の同学年の元幼稚園教諭。出会ったのはプロ3年目の13年4月で、背番号130の育成選手のころだった。「僕の友達の友達だった。素直にかわいいな。しっかりしているなという印象でした」。友人付き合いの時期を経て同年9月に甲斐から告白し、交際が始まった。その2カ月後の11月には育成から支配下登録された。

「野球は詳しくないですね。でも、育成のころから1人の人間として僕を見ていてくれた。素のままの自分を出せる。一緒にいて落ち着く」。初めて1軍の正捕手になった昨年の先発マスク2戦目。育成ドラフト同期の千賀と初めて組んだ4月4日の楽天戦で打ち込まれた。その後、LINE(ライン)でメッセージが届いた。「『毎日頑張っているからこそ失敗した時は悔しい。失敗することもあるけれど一緒に頑張ろう』と。うれしかったですね」。優しく、時に厳しい夫人は影のコーチでもあった。

得意の料理でも支えてもらった。一番好きなのは母小百合さん(51)直伝の卵焼きだ。卵に砂糖ではなくマヨネーズを入れ、とろみのある卵の中にベーコンを挟み込む。「これがうまいんです」とのろけた。メスのシーズー犬、3歳のハナちゃんを飼っており「この子がいるから、2人がケンカしても落ち着くんです」と笑みを浮かべた。この秋には長男となる男児も誕生した。「目は奥さん、鼻、口は僕に似ていますかね。頑張らないといけない」。大切な家族も増えた。来季はさらに進化した正捕手となるべく決意新たに挑む。

◆甲斐拓也(かい・たくや)1992年(平4)11月5日生まれ、大分市出身。楊志館から10年育成ドラフト6位でソフトバンク入団。13年オフに支配下登録。17年ベストナイン、17年、18年ゴールデングラブ賞。今季は133試合、打率2割1分3厘、7本塁打、37打点。盗塁阻止率4割4分7厘は両リーグトップ。今季推定年俸4000万円。170センチ、80キロ。右投げ右打ち。

このニュースの写真

  • ソフトバンク甲斐は携帯電話に保存されている愛犬ハナちゃんの画像と笑顔で2ショット
  • TL