渡辺元智氏の孫佳明「前へ」源田お手本に遊撃特訓

楽天のドラフト6位渡辺佳明内野手(22=明大)が「前へ」を合言葉に遊撃の特訓に励む。

14日、仙台市内で新人合同自主トレ第2クールが終了。内野の複数ポジションをこなせる一方、遊撃守備は大学4年時しか経験がない。「三塁や二塁は待って捕る形が多い。遊撃は前へ出て捕らないといけなかったりする」。石井GMから「遊撃を練習しておいてくれ」と言われており、暇さえあれば西武源田の動画で研究を重ねる。

伝統の信条「前へ」を体現した母校ラグビー部が大学日本一に輝いた。前回優勝は22年前。渡辺佳が生まれた1週間後までさかのぼる。「そんなに久々なんだとビックリしたけど、うれしかった」。決勝トライを挙げたWTB高橋汰地とは特に仲が良く、すぐに「おめでとう」と連絡を入れた。「野球に通ずるものがあるかも」と、物足りなさを感じていた上腕三頭筋や広背筋の鍛え方について、助言を求めたこともあった。

善波達也監督にたたき込まれた「人間力野球」や他競技を含めた幅広いつながりが、プロに導いてくれた。「横浜高校の方が先に出てしまうかもしれないけど、僕自身、明大で(鍛えてもらって)ここまで来られたと思っている」。渡辺元智氏を祖父に持つゆえの立場を自覚しながら、思いを口にした。【亀山泰宏】

このニュースの写真

  • ランニングメニューで設定タイムをクリアしてガッツポーズする渡辺佳と出迎える則本佳