ロッテ藤原 2打席連続安打にスーパーキャッチ

<オープン戦:ロッテ3-0阪神>◇21日◇ZOZOマリン

ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)が「1番中堅」で先発出場。2打席連続安打を放った。

まずは第1打席。阪神先発馬場に1-2と追い込まれてからの4球目のスプリットを右中間へ運ぶ二塁打。1死満塁となり、5番角中の左翼への犠飛で楽々生還した。続く第2打席でも中前打を放つと、盗塁を試みた。きわどいタイミングで惜しくもアウトとなったが、ZOZOマリンに駆けつけたファンからは拍手が送られた。

この日の2安打でオープン戦打率を2割5分9厘まで上げた。3回の守備では阪神中谷の中飛を背走してスーパーキャッチ。守備や走塁は既に1軍でも引けを取らないだけに、開幕1軍だけでなく開幕スタメンも見えてきた。

その他の写真

  • ロッテ対阪神 1回裏ロッテ無死、右中間へ二塁打を放つ藤原恭大(撮影・上田博志)